大分県宅建建物取引業協会

大分の売買物件、賃貸物件を豊富に掲載。住宅からオフィスや店舗まで 不動産の事なら大分県宅地建物取引業協会会員店へ。

宅地建物取引主任者関係 書式ダウンロード

こちらのページで、不動産関係書類のダウンロードができます。(PDF形式)
書類の提出先、提出方法については、(一社)大分県宅建協会まで(TEL: 097-536-3758)ご連絡下さい。

宅地建物取引士証交付申請書(様式第七号の二の二)

宅地建物取引士証交付申請書(様式第七号の二の二)

宅地建物取引士証交付申請書(様式第七号の二の二)(104.3KB)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


宅地建物取引士証を交付する為の書類です。
宅地建物取引士資格試験に大分県にて合格・資格登録をし、なおかつ試験合格より1年以内の方は下記のものを
(一社)大分県宅建協会へ提出すれば、宅地建物取引士証が交付されます。

宅地建物取引士証交付の為の必要書類一覧
①宅地建物取引士証交付申請書
②カラー写真2枚(顔写真・横2.4㎝×縦3㎝)
③大分県収入証紙代(現金4,500円)

※士証を郵送希望の方は、下記のものが追加で必要になります。
④返信用封筒(書留にて郵送の為、切手512円貼付のこと)

また、郵送希望の方は上記①~④を現金書留封筒に入れて、(一社)大分県宅建協会へ郵送下さい。

宅地建物取引士証再交付申請書(様式第七号の五)

宅地建物取引士証再交付申請書(様式第七号の五)

宅地建物取引士証再交付申請書(様式第七号の五)(102.8KB)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


宅地建物取引士証を紛失された方は、下記のものを(一社)大分県宅建協会へ提出下さい。

宅地建物取引士証再交付の為の必要書類一覧
①宅地建物取引士証再交付申請書(様式第七号の五)
②警察署発行の遺失物証明書(取引士証を失くされた場合に必要)
※警察署によっては遺失物の届出をしても証明書を発行しないところもありますので、その時には遺失物の届出をした警察署名、日付、受理番号を書いたメモでも代行可能です。
③カラー写真1枚(顔写真・横2.4㎝×縦3㎝)
④大分県収入証紙代(現金4500円)

※士証を郵送希望の方は、下記のものが追加で必要になります。
⑤返信用封筒(書留にて郵送の為、切手512円貼付のこと)

また、郵送希望の方は上記①~⑤を現金書留封筒に入れて、(一社)大分県宅建協会へ郵送下さい。

宅地建物取引士資格登録簿変更登録申請書(様式第七号)

宅地建物取引士証書換え交付申請書(様式第七号の四)

宅地建物取引士資格登録簿変更登録申請書(様式第七号)

宅地建物取引士資格登録簿変更登録申請書(様式第七号)(134.3KB)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


宅地建物取引士証書換え交付申請書(様式第七号の四)

宅地建物取引士証書換え交付申請書(様式第七号の四)(72.5KB)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


「宅地建物取引士資格登録簿変更登録申請書」は、宅地建物取引士資格の個人情報内にて、下記5項目のいずれかに変更が生じた場合に提出していただく書類です。
「宅地建物取引士証書換え交付申請書」は、宅地建物取引士資格の個人情報内にて、氏名や住所・住居表示の変更があった場合に様式第七号と一緒に提出していただく書類です。

「宅地建物取引士資格登録簿変更登録申請書(様式第七号)」の提出が必要となる項目
①氏名・本籍を変更した時
②住所を変更した時
③住居表示が変更した時
④勤務先を変更した時
⑤勤務先が商号変更した時
提出必要書類について

提出必要書類について(85.9KB)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


提出必要書類については、PDFファイルを確認下さい。
書類の提出先は管轄土木事務所になりますが、氏名の変更の場合は提出方法等が異なりますので、(一社)大分県宅建協会へ問い合わせ(TEL:097-536-3758)下さい。

宅地建物取引士死亡等届出書(様式第七号の二)

宅地建物取引士死亡等届出書(様式第七号の二)

宅地建物取引士死亡等届出書(様式第七号の二)(109.3KB)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


「宅地建物取引士死亡等届出書」は、資格登録をしている取引士個人に死亡等の事由が発生した際に提出していただく書類です。
提出先は住所地管轄の土木事務所(大分県外が住所地の方は大分県土木建築部建築住宅課)になります。
死亡の場合の添付書類として「死亡した事が確認出来る公的書類(※)」「宅地建物取引士証」が必要となります。
※死亡した事が確認出来る公的書類とは、「住民票の除票」または「戸籍抄本」の事をいいます。